葉酸とはどんな栄養素?

葉酸とはビタミンB群の一種で、ほうれん草やアスパラガスなどの緑黄色野菜や、いちご納豆などにも多く含まれています。葉酸は水溶性で、調理時の熱で半分近くが分解されてしまうことから、現代の食生活では毎日の食事では、必要量を摂取するのが難しいとされています。

野菜や果物など加工していない食品に自然に含まれている葉酸をポリグルタミン酸型(天然葉酸)と呼びますが、通常調理の段階で、50%近くが失われます。

一方合成葉酸と呼ばれるモノグルタミン酸型ですが、体内での吸収率が高いために、厚生労働省では、モノグルタミン酸型で摂取量を算出しています。

妊娠に必要なのは葉酸だけじゃない

もちろん、妊活中や妊娠中に必要な栄養素は葉酸だけでなく、造血作用のある鉄分や、赤ちゃんの骨や歯を作るカルシウム、体の調子を整えたり、鉄の吸収を促進するビタミンなどの栄養素も必要ですから、バランスよく栄養素を吸収していくことが大切です。

妊活や妊婦にとって葉酸はなぜ必要で、どのような効果があるのか?

なぜ妊婦は葉酸の摂取を推奨されるのか
妊活や妊娠中には、カルシウムや鉄分など、色々な栄養素を満遍なく摂取するように言われるのは分かるけれども、なぜここまで、葉酸の摂取を推奨されるのでしょうか。
胎児はお母さんのお腹の中にいる間、大変なスピードで細胞分裂を行い、脳や体を形成していきます。葉酸は胎児の細胞を増殖させるために必要なDNAの合成に必要ですし、また、ホモシステインと呼ばれるアミノ酸の一種が、メチオニンと呼ばれる必須アミノ酸に変化される際に必要とされていることが分かっています。

葉酸が不足することで起こりうるリスクとは
もし胎児の細胞増殖をしている期間に、葉酸が不足してしまうと、神経管閉鎖障害が発症するリスクがアップしてしまうのです。神経管閉鎖障害とは、神経管がうまく癒合でいないことで起きる先天性の異常のことで、日本では、二分脊椎という先天性異常が一般的です。
二分脊椎とは本来、脊椎間の中にあるべき脊椎が、外部に出てしまうことで、癒着や損傷を起こしてしまう病気で、二分脊椎を発症してしまうと下肢の麻痺や変形、排泄障害などを引き起こしてしまいます。国際クリアリングハウスの調査によると、2007年~2011年では、出生1万に対して、5.59人が発症しており、発症率は増加しています。
欧米では神経管閉鎖障害の症例が多かったために、この問題に早い段階から取り組んでおり、穀物などの食品に葉酸を添加することを義務付けたり、葉酸摂取を奨励したりしました。そのため現在では神経管閉鎖障害の発症は低減してきています。日本では2000年に厚生労働省により、妊娠を計画している女性の場合、1日400μgの葉酸を摂取するように推奨しています。

葉酸サプリは胎児のためにいつからいつまで飲んだほうが良いのか?

葉酸は妊娠してから飲めばOK?
胎児の神経管の形成にとても重要な葉酸は妊娠したら飲めば大丈夫というものではありません。先天性の異常は、実は妊娠した直後から発生が認められているので、妊娠してから飲み始めても遅いのです。特に神経系の先天性異常は、妊娠して7週目未満で発生していることから、妊娠を望む女性であれば、妊娠前から葉酸を摂取しておいた方が良いのです。

妊娠前から葉酸を摂取しよう!
厚生労働省では具体的には妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月までと発表していますが、いつ妊娠するかは神のみぞ知るという状況を考えれば、生まれてくる赤ちゃんのために、早くから葉酸の摂取に心ががけたほうが良いでしょう。
また「造血のビタミン」という異名を持つ葉酸ですから、産後授乳をすることを考えると、出産したあとも葉酸は摂取し続けたほうが良いでしょう。

葉酸不足や過剰摂取を避けるために、葉酸サプリの適量を知ろう!

葉酸の推奨摂取量とは
厚生労働省が推奨している葉酸の摂取量は、18歳以上の女性で、1日あたり240μgで、妊活中や妊娠初期では640μg、妊娠中は480μg、産後や授乳中は340μgとなっています。ちなみに、男性でも妊活の際には葉酸の摂取を心がけることを推奨していて、男性の1日あたり推奨摂取量を240μgと発表しています。

本当に怖い?!葉酸不足

葉酸の摂取が不足してしまうと前述したように、胎児の先天性異常を引き起こすリスクが高まりますし、産後の授乳状態にも影響を及ぼします。反対に過剰摂取した場合はどうなるかというと、葉酸は水溶性のビタミンの一種であることから、尿によって大部分が排出されますから、体内への蓄積はあまり考える必要はありません。厚生労働省では葉酸の摂取量の上限を1,000μgとしていますが、海外ではそもそも上限の設定自体意味がないという意見が出ているほどです。葉酸の過剰摂取による消化器症状や不眠などの報告もありますが、葉酸との明確な因果関係は不明なままです。

葉酸の過剰摂取は大丈夫?
とはいえ、葉酸の過剰摂取を長期間行うと、亜鉛の吸収を阻害すると言われていますから、できれば、厚生労働省が発表している1,000μgという上限は守ることをおすすめします。

葉酸サプリの原料となる天然葉酸と合成葉酸はどちらを選ぶべきなの?

天然葉酸と合成葉酸のどちらを選ぶべきなのか
葉酸は冒頭で述べたように、食品から摂取できる天然葉酸と栄養補助食品などから摂取できる合成葉酸があります。天然葉酸はポリグルタミン酸のことで、ほうれん草やブロッコリー、枝豆、豆類などに多く含まれています。一方の合成葉酸はモノグルタミン酸のことです。「合成」という言葉を聞くと、私たちはなんとなく、合成添加物などの体に悪影響を及ぼすものを想像しがちなのですが、合成葉酸は、安全性が高いことが認められており、多くの栄養補助食品に取り入れられています。一応の上限摂取量は決められていますが、それを守る限りにおいては、合成葉酸を安心して摂取することができます。天然葉酸のポリグルタミン酸は、小腸で吸収される際に、モノグルタミン酸に変化して吸収されるので、この点から見ても、モノグルタミン酸を摂取することに危機感を持たなくても大丈夫でしょう。

天然葉酸での摂取は非効率

食品から葉酸は摂取できるのだから、自分は天然葉酸のみで妊活をしたいと思うかもしれません。実際にできないことではないのですが、かなりハードルが高いことは肝に命じておく必要があります。冒頭でも述べましたが、食品から摂取できる葉酸は、代謝過程で色々な段階をふむため、体内での利用効率が約50%と言われています。しかも、天然葉酸は、ビタミンの一種ですから、大変熱に弱いので、調理で加熱してしまうと、その多くが分解されてしまいます。また葉酸は水溶性のビタミンなので、水に溶けやすく、例えばほうれん草を茹でてしまうと、ほうれん草に含まれる多くの葉酸が、茹で汁に溶け出てしまうのです。そのため、天然の葉酸のみで、妊娠に必要な葉酸摂取量をクリアしようと思うと、かなりの量の野菜や果物、豆類を食べなければならないので、実質的に不可能となってしまいます。

合成葉酸は悪者ではない

一方の合成葉酸から摂取できる葉酸の利用効率は約85%とされています。厚生労働省では、栄養補助食品に安易に頼るべきでないとはしながら、妊娠を計画している女性に対して、胎児が神経管閉鎖を発症させないために、栄養補助食品の利用についても考慮するべきとしています。

葉酸サプリは妊娠中に必要な葉酸の量をクリアしたものを選ぼう!

葉酸サプリを使えば1日に必要な葉酸を手軽に摂取できる
妊娠中に必要な葉酸の量が含まれているサプリメントを選ぶ理由は4つあります。一つ目は、胎児がお腹の中で育っていく上で、葉酸は大変重要な栄養素だからです。葉酸はほうれん草やブロッコリーなどのような緑黄色野菜に多く含まれており、これらの食品からも摂取することができます。
しかし、妊活中や妊娠初期では640μg、妊娠中は480μg、産後や授乳中は340μgという膨大な量の葉酸を摂取するように推奨されており、この基準を食品の摂取だけでクリアするのは不可能に近いです。例えば、1日480μgの葉酸を摂取するには、アボカドを1日3個食べなくてはなりません。アボカド3個を毎日食べ続けていくのは、まず不可能でしょう。
ましてや、天然の葉酸は、体内への吸収にばらつきがあり、100%吸収できるわけではありません。サプリメントを使えば、胎児を育てるために必要な葉酸を確実に摂取できますし、また体内への吸収率が高い合成葉酸が使われているので、厚生労働省が推奨している葉酸の摂取量を軽々クリアすることができます。そのため葉酸サプリは、妊娠中に必要な量を摂取できるものを選んだほうが、葉酸を無理なく摂取できるのです。

食欲が無くても、サプリなら葉酸を摂取できる!

二つ目の理由は、つわりで食欲がなくても葉酸を摂取することができるということです。つわりは、妊娠5~6週から始まり、12~16週で治る人がほとんどで、現れる症状も、吐き気や嘔吐、倦怠感、頭痛など、妊婦さんによって様々です。食物の志向が変わることも多く、つわりの時期には、キッチンに立つこともできないという妊婦さんが数多くいます。そんな状態では、満足のいく食事はできませんから、どうしても葉酸を毎日必要量摂取するには、サプリメントで補充していくしかなくなります。もちろん選ぶサプリメントは、匂いが無く、飲みやすいサイズであることが大前提ですが、そのように飲みやすいサプリメントを選べば、つわりの間でも、無理なく葉酸を摂取できるので、おすすめです。

ちなみに、つわりは妊婦の約80%に起こるとされており、一過性のものなので、しばらくすれば落ち着きます。中にはつわりが出産直前まで続いたという人もいますが、生理的な現象なので、あまり心配する必要はありません。しかしつわりの症状が悪化し、尿からケトン体が検出されたり、1日中激しい嘔吐が続いたり、体重の減少が3~5%以上などがあったりしたら、妊娠悪阻の可能性が高いので、お医者さまにすぐに相談しましょう。

胎児だけでなく、お母さん自身にとっても必要な葉酸

三つ目の理由は、胎児だけでなく、葉酸はお母さんにとっても必要不可欠な栄養素であるということです。胎児にとって葉酸は、お母さんの貧血防止やメンタルの安定という面でも、葉酸は大活躍してくれる栄養素です。
葉酸は、ビタミンB12と協力しあって、血液を作る働きがあります。妊娠中は赤ちゃんに沢山の栄養を与え続けなければならないので、お母さんは貧血になりやすくなります。また産後においても、母乳は血液から作られますから、お母さんは常に血液を作り続ける体でなくてはなりません。造血作用に関与している葉酸を摂取しつづけることは、お腹に赤ちゃんがいるお母さんたちにとって不可欠なのです。
さらに葉酸は、精神安定に寄与するというデータがあり、国立精神・神経医療研究センターは、うつ病の患者さんの4人に1人が、血液中の葉酸の値が低いということを公表しました。葉酸は神経伝達物質の形成に欠かせない栄養素であることから、うつ病患者に、抗うつ剤に加えて葉酸を与えたところ、うつ病患者の「うつのスコア」が大幅に改善されたという結果が出ています。

お腹に赤ちゃんを宿すと、ホルモンのバランスが崩れることによって、多くのお母さんたちは、マタニティブルーなど、精神的に不安定になりがちです。そんな時、気晴らしも大切ですが、うつを抑える効果が期待できる葉酸を摂取することで、沈みがちな心も、晴れやかになる可能性が高くなるのです。サプリメントであれば、手軽に摂取できるので、お母さんの精神安定に効果的と言えるでしょう。

サプリなら手軽にバランスの取れた栄養補給できる最後の理由は、サプリメントであれば、葉酸だけでなく、その他に必要な栄養素も満遍なく摂取できるということです。サプリメントの中には、葉酸のみのものもありますが、妊婦さんや妊娠を計画している人のために、必要な栄養素をバランス良く配合しているものが多く市販されています。
妊娠してしまうと、どうしても思ったように食事ができない場合が多いので、サプリメントを利用することで、葉酸をはじめ、ビタミンDやカルシウム、マグネシウムなども、無理なく摂取することができます。ビタミンDやカルシウムは、胎児の骨や歯の育成に欠かせませんし、マグネシウムは、同じく胎児の骨や歯の育成だけでなく、血液の巡りを正常化するために必要です。その他にも、胎児の健やかな成長のために必要な栄養素は限りなくあり、それを、つわりできつい体を支えながら、食事で摂取していくのは至難の業でしょう。サプリメントを使えば、葉酸だけでなく、1日に必要な栄養素を満遍なく摂取できるので、多くの妊婦や妊娠を計画している人に選ばれているのです。

葉酸サプリを選ぶポイントとは?

葉酸サプリはプレママたちの必需品!
赤ちゃんを産んだお母さんたちの約7割が、妊娠3ヶ月前くらいから葉酸サプリを飲んだというデータがあるほど、葉酸サプリは現代のプレママたちにとって欠かせない存在となっています。精子の染色体異常の状態を良くする可能性もあると言われているので、ぜひパートナーと一緒に葉酸サプリを飲むことをおすすめします。

飲みやすい形と大きさ
葉酸サプリの選び方のポイントは5つあり、一つ目は、妊娠しても飲み続けることができる形や大きさであることと、無臭であることです。妊娠してしまうと、つわりによって、普通の食事ができなくなってしまいます。つわりの間でも無理なく飲み続ける小粒で無臭のサプリメントを選んだほうが良いでしょう。

経済的に負担のない葉酸サプリを
いくら健康な赤ちゃんを産みたいからと言っても、葉酸サプリに毎月1万円以上かけてしまったら、経済的に苦しくなって、葉酸サプリを飲み続けられなくなってしまいます。赤ちゃんが生まれるとさらにお金が必要になりますから、負担なく、毎月続けることができる葉酸サプリを選んでください。サプリの中には定期コースを選ぶことで、割引してくれるものがありますから、そのようなサービスを実施している葉酸サプリを選ぶと良いでしょう。

品質にこだわろう!
胎児やお母さんの健康のために飲む葉酸サプリが、粗悪品だと元も子もありません。GMPの製造基準を満たしている工場で作られているとか、きちんと検査を実施しているなど、原料から製造、販売に至るまで、厳しくチェックをしているメーカーのものを選びましょう。

メーカーの態度も選ぶポイントに
葉酸サプリのメーカーの態度も選ぶ基準として重要です。不良品があったときに誠実に対応してくれるとか、飲み方などに疑問が生じたときに、気軽に相談できる窓口があるなど、消費者の側に立った対応をしてくれるメーカーを選びましょう。

安心・安全な葉酸サプリを選ぼう!
お母さんが口に入れるものですから、葉酸は合成葉酸であっても、その他の原料は、できるだけ天然由来の原料を使っている葉酸サプリを選ぶべきです。また残留農薬試験や放射能濃度検査など行っている葉酸サプリを選べば、体内に蓄積されて胎児に悪影響を及ぼす心配がないので、おすすめです。また、国産の原料を使用している葉酸サプリのほうが、安心して飲み続けることができるでしょう。

妊娠中も美容効果も期待したいならママニック葉酸サプリがおすすめ!

23種類の栄養素を満遍なく摂取できる
数ある葉酸サプリの中でも大変人気があるのが、ママニック葉酸サプリです。妊活や妊娠中に必要な葉酸を400μg摂取できるだけでなく、妊娠中に不足しがちな鉄分を15mg、カルシウムは250mgを手軽に摂取できるので、雑誌などのメディアでも頻繁に取り上げられています。ママニック葉酸サプリは、1日4粒飲むだけで、ビタミンやミネラル、アミノ酸など、23種類の栄養素をバランスよく取り入れることができるので、妊娠に向けた体つくりや、健やかな赤ちゃんの成長を望む人には、最適の葉酸サプリとなっています。

美容成分も含有している葉酸サプリ
特筆すべきは、美容成分も配合されていることで、例えば、ツバメの巣やライチ種子、発酵黒たまねぎなど8種類の体をサポートする成分を含んでいることでしょう。妊娠するとホルモンのバランスが崩れてしまうので、どうしても体の不調を感じやすくなってしまいます。血行不良やむくみなどを起こしやすくなり、お肌の調子が悪くなりがちですが、それでもやはり女性は、妊娠をしても、キラキラ輝いていたいと思うものです。ママニック葉酸サプリは、赤ちゃんに必要な栄養素を満遍なく摂取できるだけでなく、体の調子を整え、かつ美容に効果が期待できる成分が配合されているので、妊娠中でも綺麗を追求したい人におすすめです。

安心・安全を徹底追求
葉酸サプリは妊娠中に口にするものですから、安心・安全なものを選びたいところでしょう。ママニック葉酸サプリは、8種類の厳選野菜を使用しており、すべて国産のものを使用しています。製造している工場はGMP認定を受けていますし、安心・安全マークも取得しているので、原料に放射能が含まれているかどうかを不安に思う必要がありません。着色料や保存料などの人工添加物は一切配合していませんし、サプリメントとしては珍しく、過剰摂取を防止するために、脂溶性ビタミンの量には配慮しています。内容成分や最終加工国は全て開示しており、不安なく口にできる葉酸サプリだと言えます。

mitete葉酸サプリの特徴とおすすめの理由

Mitete葉酸サプリの特徴は飲みやすい
Mitete葉酸サプリの特徴は、非常に飲みやすいというところです。
直径8mmと小さな粒で丸みを帯びている形が特徴で妊娠中つわりなどがひどくても、飲み
込むことができます。
そして一粒一粒に独自のコーティングをして葉酸独特のニオイも抑えてくれているので、さ
らに飲みやすさがUPしています。
これは日々お客様からの声を、反映して進化してきたからだそうですよ。
さらにビタミンB6が豊富に入っていることから、つわりも軽減してくれ妊娠中には強い味
方となってくれるでしょう。
Mitete葉酸サプリの特徴②ヨウ素が入っていない
妊娠中に摂りすぎてはいけない栄養素の1つに『ヨウ素』があります。
このヨウ素は海藻類に多く含まれ、特に昆布に多く含まれていて摂りすぎてしまうと、お腹
の赤ちゃんの甲状腺機能が低下すると言われています。
米国で販売されている妊婦用マルチビタミンサプリメントなどにはよく含まれていますが、
Miteteの葉酸サプリには含まれていないので、安心して飲むことができます。
しかしヨウ素の過剰な不足は逆に、胎児の発育不全などのリスクがあるので注意しましょ
う。
※日本人は海藻などを多く食べる習慣があるので、基本的には過剰に不足することはありま
せん。
Mitete葉酸がおすすめの理由①コスパが良い
Mitete葉酸がおすすめの一番の理由としては、コスパが非常に良いことです。
1ヶ月分(1日4錠)がなんと1,800円なのに対し、葉酸400μg配合しています。
これは1日に計算すると、約60円ほどでかなり格安といえます。
さらに葉酸だけではなく、お母さんに嬉しいカルシウムや鉄も配合している他8種のビタミ
ンと4種のビタミン入りで、マルチビタミンミネラルサプリがいらないのもおすすめのポイ
ント1つです。
定期購入で購入もできますが、定期があまり好きではない方もAmazonなんかで購入すると
単品での購入も可能です。
まずはお試しに購入してみるのも良いかもしれませんね。
Mitete葉酸がおすすめの理由②信頼された品質
Mitete葉酸サプリはコスパが高いのに品質が良いと好評なのです。
その実力は2012年から2018年までの7年間楽天の『葉酸部門』で連続のNo.1を受賞し、さ
らに2018年にモンドセレクションの最高金賞に選ばれたほどです。
そしてたくさんのメディアにも紹介され、あの有名なたまごクラブなどでも掲載されまし
た。
口コミ数も、日本で最多の22,851件を獲得しています。

 

もう迷わない!吸収率の高い葉酸配合のベルタ葉酸サプリ

妊娠中に必要な栄養素がつまった葉酸サプリ
雑誌などのメディアで、妊活や妊娠中におすすめの葉酸サプリを頻繁に紹介されていますが、一体どの葉酸サプリを選んだら良いかわからないものです。葉酸の配合量はどの葉酸サプリでも、厚生労働省が推奨している400μgをカバーしているので、どの葉酸サプリを選んでも一緒じゃないかと思ってしまいます。
しかし葉酸サプリの中でも一番人気としての評判が高いベルタ葉酸サプリは、葉酸の含有量が400μgであることは当然のこと、その他の栄養素もバランスよく配合されています。例えば、カルシウムは250mg、鉄分は20mgとなっており、通常の食事で不足しがちなこの二つの栄養素を妊娠中でも摂取することができます。
また23種類の野菜や、20種のアミノ酸、27種類のビタミンやミネラルなど、妊娠中でなくても不足しがちな野菜や栄養素を満遍なく摂取することができるようになっています。そのため、妊娠中でなくても、毎日の栄養補給として飲んでいる人がいるほどです。1日たったの4粒飲むことで、葉酸をはじめとする栄養素を満遍なく摂取できるのが、ベルタ葉酸サプリの最大の魅力と言えるでしょう。

ベルタ葉酸サプリが選ばれる理由とは
一般的な葉酸サプリとベルタ葉酸サプリが大きく違う点といえば、酵母葉酸を100%使用していることです。モノグルタミン酸型の葉酸は、ポリグルタミン酸型の葉酸に比べると、体内への吸収率が高いので、多くの葉酸サプリで使用されています。しかし、ベルタ葉酸サプリは、葉酸を酵母に含有させた酵母葉酸を使用しているので、モノグルタミン酸型の葉酸よりも体内での滞在時間が長く、より吸収が良くなっています。同じ葉酸サプリを選ぶのであれば、やはり吸収率が高いものを選びたいので、多くの女性がベルタ葉酸サプリを選んでいるのです。
さらにベルタ葉酸サプリでは、現在妊活をしているとか、出産・育児の経験があるスタッフが常駐しており、いつでも気軽に電話やメールで相談することができます。妊活中は、うまく妊娠に結びつくかどうかで、不安になることが多いでしょう。また妊娠中は、色々な体調の変化が現れてくるので、このままで大丈夫かどうか、心配になりがちです。特に妊娠が初めての人は、精神的にも疲れてしまっていて、お医者さまだけではなく、もっと気軽に相談できる相手が欲しいと思うものです。そんな時頼りになるのが、ベルタ葉酸サプリのスタッフで、いつでも優しくアドバイスをもらえるのが、ベルタ葉酸サプリが選ばれる理由の一つとなっています。